手描友禅色挿し体験

 白い絹地に絵を描くように染める友禅染は江戸時代に防染糊が発達し、その技法が確立されたといわれています。

講習会ではあらかじめデザインを糊置きした絹地に、色挿し体験を約2時間かけて行います。出来上がった生地は先生が後処理をして後日参加者に送付します。

絹地を用いた美しい友禅染をより身近なものとして多くの人たちに親しんでいただくことをねらいとしています。

■開催日時■
2019年5月19日(日)1日2回開催
午前の部 10:00~12:00  午後の部 13:30~15:30
■定 員■
各回15名(事前に電話で申込・先着順)
■材料費■
3,500円 (入館料別)
■講師■
生駒 輝夫氏(公益社団法人日本工芸会)