シルク・サロン第1回  5月26日(日)

「シルクを生みだすカイコの不思議」

シルクは、繭の糸、生糸、絹糸、絹の生地などのことで、その元はカイコが作る繭です。

「繊維の女王」ともいわれるシルクの魅力は、カイコの繭の作り方や、体の仕組みと深い関係があります。そのような観点から、シルクとカイコについてご紹介します。

ヒトとカイコとの付き合いは、5千年以上前にさかのぼります。長い年月をかけてカイコの改良が進められ、特に明治以降の研究では、世界に先駆けて明らかにされたもの、現在、他の分野でも広く普及しているものもあります。シルクの新たな利用方法なども含め、カイコとヒトとの関りについても紹介します。

写真や動画などもご覧いただきながら、シルクを生み出すカイコの不思議に触れいただきたいと思います。

 

■開催日時■

平成30年 5月26日(土)
13:30~15:00 (受付は13:00から)

■定員■

40名(事前に電話で申込・先着順)

■参加費■

無料 (入館料別)

■講 師■

博物館館長 坂本 英介

■会  場■

シルク博物館 イベントホール

■入館料■

一  般  500円(400円) 65歳以上 300円(200円)
高・大学生 200円(150円) 小・中学生 100円( 50円)
※(  )内は団体割引(20人以上)の料金

■アクセス■

みなとみらい線・日本大通り駅 下車3番出口 徒歩3分

new map 2016