かいこ教室(Ⅰ期) 7/29(土)~8/13(日)

~「かいこ」の映画・観察会、まゆ人形作り・生糸のランプシェード作り体験、他~

 

 

 

 

 

 

 

 

「かいこ教室」では、小学生を対象に、「かいこが生み出すシルクにも触れてみよう!」というテーマのもと、かいこの成長過程・種類・まゆや生糸、シルクの特徴など、かいこからシルクまで一貫して学べる展示や体験を実施します。
これらの展示や体験を通して、小学生の皆さんに、かいことシルクをより身近に感じていただきたいと思います。

開催期間は、内容によってⅠ期とⅡ期に分かれています。ここではⅠ期を紹介します。(詳細は こちら を参照)

 

年間予定

内  容 期 間

かいこ
教室
(Ⅰ期)

 

 展示:めずらしいかいこ、みんなで作る桑の木パネル

対象:小学生(午前と午後の二部制)
・「かいこ」の映画上映
・かいこの観察会
・まゆ人形作り
・生糸のランプシェード作り
・スカーフの巻き方体験

詳細は こちら

7/29
(土)
から

8/13
(日)
まで

かいこ
教室
(Ⅱ期)

 

 展示:めずらしいかいこ、みんなで作る桑の木パネル

対象:小学生(1日3回開催)
・見学ツアー(かいこの見学、糸繰り体験、まわたに触ってみる)
・特別講座(まわたスタンド作り)

 

詳細は こちら

8/19
(土)

8/20
(日)

秋の
特別展

「横浜・生糸」ものがたり Ⅰ
“かいこ” と暮らす -かながわの養蚕録-

幕末以降、養蚕は全国各地で盛んに行われていました。蚕を飼育し繭を作らせ、それを出荷することとは農家にとって大きな現金収入となることから、魅力ある生業でした。まさに「天の虫のめぐみ」であったのです。神奈川県内にも多くの養蚕農家がありましたが、平成22年を最後にその歴史の幕は下ろされました。そこで本展では養蚕農家の方々の生きてきた足跡を古文書や写真、浮世絵、そして道具などの展示から〝かいこ″との暮らしを振り返ります。

詳細は こちら

10/7
(土)
から
11/12
(日)
まで

たのしい
かいこの
発表会

かいこの観察記録やまゆ・生糸を使った作品等を募集し、年間を通してかいこについて学んだ成果等を展示発表する機会とします。
12月17日(日)
「たのしいかいこの発表会・表彰式」
12月23日(土・祝)
「生糸のランプシェード作り・クリスマスバージョン」

詳細は準備中

12/2
(土)
から
1/8
(月・祝)
まで

シルキー
ウィンター
フェス
ティバル

 

シルクセンタービル1Fとシルク博物館内に冬らしい飾りつけを行います。
12月17日(日)
「シルキークリスマス」
関東学院大学によるシルクスカーフを使ったファッションショー(予定) / クラシック・ヨコハマによるコンサート

詳細は準備中

12/2
(土)
から
1/8
(月・祝)
まで

連続講座

開館60周年プレイベント
「街の記憶~山下町1番地を中心に~」

シルク博物館が建つ山下町1番地。横浜開港以後、さまざまな歴史が記憶として刻まれてきました。そこで本講座は、開港以前から太平洋戦争後のこの地域の変遷を辿りながら、その歴史を紹介したいと思います。なおシルク博物館は、2019年に開館60周年を迎えます。この歴史講座も、そのプレイベントとして開催いたします。

詳細は準備中

1/13
(土)

2/10
(土)

3/10
(土)