【常設展】6/10~美しい友禅染めの作品に展示替え

6月10日から、常設展で新たな展示が始まりました。

田島比呂子  「ぶな」        「天帚」

木村雨山作 屏風「染色楽園」

荒井照太郎作  「朱い花」       「花と蝶」

 

友禅の人間国宝・木村雨山の作品である屏風「染色楽園」、同じく田島比呂子の作品である訪問着「ぶな」と「天帚」、さらに、日本工芸会正会員荒井照太郎の作品として、訪問着「花と蝶」と「朱い花」などの美しい染色作品を展示しています。また夏向きの着尺の展示も行っていますので、どうぞご観覧ください。

なお、型絵染の人間国宝・芹沢銈介の作品、長着「変り絽入子菱地花文散し模様」は期間限定で、7月9日(日)までの展示となります。

是非、シルク博物館へ足をお運びください。お待ちしております。